横浜立教会について


校友会とは

明治40(1907)年立教大学校友会が成立し、昭和14(1939)年立教大学同窓会として独立(昭和35(1960)年立教大学校友会と改 称)以来、校友会は、立教大学(立教学校、立教大学校、大阪英和学舎、立教専修学校、東京英吾専修学校、立教工業理科専門学校及び立教大学大学院)全卒業 生・修了者をもって組織・構成されており、会則にあるように「会員相互の親睦を図り、立教大学の発展に寄与すること」を目的としています。

校友会の主な活動として、5月と3月の定期代議員会、会員総会、全国地域支部代表者会議、企業等立教会交流会、その他「地区校友の集い」、「周年の集い」などの開催を行っています。

また、年4回、会報「セントポール」を発行し、住所の判明している全会員宛に発送しています。

校友会の最高決議機関は定期代議員会ですが、校友会諸活動の運営に関する事項は、各卒業年度及び各種の立教会から選任された代議員 で構成する代議員会や幹部会で行われています。そして、諸々の会務については、総務・財務・会報・会館・組織・情報の各専門委員会が設けられており、各々 分担しています。

昭和52年(1977)年11月に落成したセントポールズ会館は、校友各位の募金により建築されたもので、クラス会やOB・OG会の会場として、また、恩師や友人との語らいの場としてご利用いただけます。

校友会では、学生のためにも「校友会奨学金」など数種類の奨学金を給与しています。また、卒業時には「立教大学校友会ハンドブック」とともに記念品を添え、新入会員に贈呈しています。

横浜立教会は、立教大学校友会の神奈川県横浜地区の地域立教会です。

 

Rikkyo-Yokohama

立教会の更なる発展を目指して

  • 横浜立教会は、昭和20年代に横浜在住の有志により設立された立教大学校友会の中でも伝統のある組織で、会員数も300名を超える規模になっております。
  • 活動については、「年間行事」に掲載されているような各種活動をアットホームな雰囲気の中で積極的に展開しております。
  • 近く創立70周年を迎えます。更なる発展を目指して多くの会員の参加をお待ちしております。
 

横浜立教会 の目的

固い絆のために

  1. 会員相互の啓発を図ります。
  2. 会員相互の親睦を図ります。
  3. 母校の発展に寄与します。
 

2017年度 横浜立教会幹事役員名簿

役職名氏名卒年 
顧問相澤 総一郎S28
内野 雅史S32
小川 正夫S32
会長大橋 英五S41
副会長尾崎 茂雄S35
木村 欣照S43
川添 利賢S49
与儀 達夫S43
幹事長上原 敏博S42
副幹事長早野 勝徳S38
本田 勝彦S40
島崎 尚巳S61
企画幹事中山 裕S62
濱田 茂S62
楠本 健司S44
孫 進明H07
絹谷 みどりS52
秀 洋一S62
鈴木 紀子H04
桜田 敦子S55
会計幹事渋谷 正道S46
村田 珠美S57
会計監査森田 利光S34
矢島 和代S48
 

 

横浜立教会 連絡先

名称

横浜立教会
(立教大学校友会)

幹事長

上原 敏博

連絡先住所

連絡先方法

Tel : 090-5573-2837 上原まで
Mail : 「お問合せ」から

 

Rikkyo-Yokohama_StPaul