第16回「歩こう会」:横浜能楽堂に行ってきました


撮影:神田佳明
[横浜能楽堂外観(横浜能楽堂提供)]

9月14日は 夏が戻ってきたような晴天でした。参加者は6名。

JR桜木町駅から 国道16号沿いに高島町方面へと歩き出す。
16号、新横浜通りを横切り 紅葉坂をのぼった右手奥の掃部山公園内に 横浜能楽堂はありました。

この日は月に一度のご案内付き無料施設見学日、見学者は30名ほど。

 

ゆったりと能舞台正面の座席に座り、スタッフの方から、関東地方最古といわれる能舞台の歴史などのお話を聞いた後は、 舞台の裏手に回り、鏡の間で,橋がかりにつながる、あの世とこの世の境の お幕の開け閉めに希望者が挑戦。
続いて楽屋、本舞台の裏、さらに、宮さま方もご覧になられた2階席から能舞台全体の解説を聞き、およそ1時間の見学を終了。
平成8年の建物の中に、明治8年の能舞台が残る・・・タイムスリップした不思議な世界を体験しました。

能楽堂の次は、横浜(神奈川)開港に貢献した大老・井伊直弼(井伊掃部頭)の銅像を見、 伊勢山皇大神宮・横浜成田山とお参りして、音楽通り、野毛通りへと歩きJR桜木町駅に戻りました。
昼はThe Seaにて みなとみらいの日本丸や観覧車を見ながらの、楽しいランチでした。

文責 歩こう会・矢島和代