2019年春の第19回「歩こう会」:豊洲市場、1時間半待ちで、寿司ランチ!


3月9日(土曜)
朝から晴れて暖かく、太陽に感謝、行楽日和の日でした。
横浜から上野東京ラインで新橋へ、新橋からゆりかもめに乗り換えて、市場前へ。
男性3名、女性6名が市場前駅に集合しました。

まだ、朝10時を少し回った時間でしたが、「せっかく豊洲市場に来たのだからお寿司を食べましょう」と、話がまとまり、駅からつながる歩行者デッキで、5街区青果棟前1階にある、人気店に行きました。
春の陽気の中、店の外で、写真を撮ったり、おしゃべりをしながら、待つこと1時間半(土曜の平均待ち時間です)。ちょうど、おなかも空きごろ、ようやく、順番がきました。
店内はカウンター形式で、すし職人の方々と、楽しい会話を交わしながら、テンポよく出される自慢の鉄板メニュ-「お任せ握り」をパクパク完食。「今は こはだ、しめさばが良いですよ…」と勧められ、さらに追加を注文しても 12時には お勘定を済ますという超スピード!回転の良さにびっくり!

午後は、混雑する管理棟をすりぬけ、7街区の水産卸売場棟へ向かいました。途中のホールにあったマグロのオブジェの大きさに驚き、2階の専用デッキからマグロのセリ場を見学しました。 豊洲市場見学の締めくくりは、「やはり 買い物よ」と お土産を買いに6街区の水産仲卸売場棟へ。3階の物販店舗「魚がし横町」はお店の種類が豊富で、1件1件見ていたら時のたつのを忘れ、すぐ、次の目的地の浜離宮へ移動する時間が来ました。

超高層ビルの立ち並ぶ汐留駅から徒歩7分 徳川将軍の狩場であった浜離宮恩賜公園は、家族連れでにぎわい、菜の花畑は、インスタ映えを狙った若い人であふれていました。
将軍様も景色や食事を楽しまれた4つの茶室はきれいに復元されていて、潮入り池の岸からお伝え橋を渡り 中島の御茶屋で和菓子とお抹茶をいただきました。疲れた足をゆっくり休めた後、梅を鑑賞しながら帰路につきました。
豊洲市場と浜離宮恩賜公園いずれも全部見て回れませんでしたが 13,000歩を「歩こう会」でした。

文責:歩こう会 矢島和代

 

※ 画像クリックでスライドショー表示します。