2019年秋の第20回「歩こう会」:3種類の生ビールを試飲しました。


10月26日土曜日。前日の記録的な大雨が上がり、久しぶりに日射しが戻って、晴天。
気温は ほぼ夏日 ビール日和でした。参加者は男性4名・女性3名の計7名。
京浜急行生麦駅を降り、商店街を通りぬけ、国道15号沿いにおよそ10分歩くと、キリンビール横浜工場に着きました。

受付で、パンフレット、青色ツアーバッチ、マスキングテープのお土産をいただき、最初にシアターへ案内され、映像を見ながら 横浜発祥のキリンビールの歴史や 一番搾りのおいしさの秘密が6つあるのを知りました。

おいしさの秘密1は、素材でした。「麦芽」「ホップ」の体験コーナーで、小麦をかじったりホップの香りをかいだりしました。
おいしさの秘密2~5では 麦芽糖化、麦汁ろ過、発酵など、おいしさの秘密を作り出す大きな装置の数々を、ガラス越しに説明を受けながら次々見学し、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を飲み比べ、一番搾り麦汁のおいしさを味わいました。
おいしさの秘密の最後、6はパッケージングで、おいしさへのこだわりと製造のスピードや量に驚きました。
お待ちかねの試飲コーナーでは、「キリン工場限定・チーズ味柿の種」をおつまみにして、一番搾り生ビール、とれたてホップの生ビール(未発売だった)、黒生ビールと、3種類の一番搾りを、それぞれグラスにたっぷりと頂戴して、「視・聴・嗅・味・触」五感をフルに使った見学を堪能しました。

文責:歩こう会 矢島和代

 

※ 画像クリックでスライドショー表示します。